漫画の登場人物の描き分け

漫画の登場人物の描き分け

登場人物同士は異なる人物であるから、それらの外見は異なるはずであり、それゆえ異なった人物としてデザインされる。すなわち一本のアニメには、通常多数の人物が登場するが、それらはアニメを見ている人間がそれぞれ別の人物であると認識されるほどには外見が異なっている必要がある。生憎と人物を描き分ける能力はきわめて高度な創造性が要求され、多くの業界関係者にとって困難な作業である。毎シーズン量産されるキャラクター群をそれぞれ異なるようにデザインするためには多くのスキルと天賦の才を必要とする。

結果的に人物の描き分けは、見た目にわかりやすい特徴、すなわちほくろや髪型と言った人相以外の部分に頼ることになる。アニメに登場するけばけばしい色使いの髪、奇怪なデザインの服装、重力制御が行えるがごとく宙に浮く「アホ毛」等は、仕事に煮詰まったデザイナーの苦労の産物であるといえよう。

また、このことは単独の作品に止まらずアニメ作品間の登場人物においても同様である。同じ人物によるキャラクターデザインだからといって、異なるアニメの登場人物が互いにそっくりであってはやはり具合が悪い。この場合も描き分けが必要になる。とはいえ、デザイナーの個性が許される範囲での登場人物の相似は許容されており、アニメ作品のそれぞれの魅力となっている。

なお、血縁やクローン、平行宇宙またはそっくりさんなどの設定のため登場人物のデザインがまったく同じで、描き分けの必要が無い場合でも、作劇の都合上、登場人物間に何らかの違いを設けるのが普通である。例えば『∀ガンダム』では、ディアナ・ソレルとキエル・ハイムは瞳のハイライトの有無や肌と髪の微妙な色合い(キャラクター原案を手がけた安田朗によれば、キエル・ハイムは全キャラクター中最も美しいブロンドであるとしている)によって見分けることができた。
タグ:漫画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。