漫画の描き方:流れのまとめ

●漫画の描き方:流れのまとめ
漫画の描き方:流れのまとめ

漫画を描く大まかな流れは、以下の通り。

1.ネタを考える

2.アイデアを書き出す。

3.起承転結を考え、
フローチャートを作ってみる。

4.絵コンテを作る。

5.原稿用紙に下書き。

6.ペン入れ

7.ベタ、ホワイト、トーン貼り等の作業

完成


漫画制作の流れ。

1.プロット

プロットとは大まかな物語の筋、構想のことを言います。

最初は何でも良いです。描きたいこと、思いついたことがあったらすぐにメモしましょう!そして、それを元に話を膨らませます。
最初から最後までの話ができればそれはもうプロットと言えます(^^)難しく考えないでまずは描きたいストーリーを紙に書いてみましょう。


2.ネーム

ネームは漫画を簡略化した原稿用紙で描く上での基礎となる物の事です。
ここでコマ割り、台詞、キャラの動きなどを決めていきます。そこで使用するのがプロットです。コレを元にして作成していきます。


3.下描き

ようやくここで原稿用紙に触れる事ができます。
先程のネームを見て原稿に描いていきます。

4.ペン入れ

下描きが終わったらペン入れをします。
使用するものは“付けペン”と言うもので、少々癖のある代物です。
一朝一夕では使いこなすことはまず無理です。使ったことが無い人は、まず漫画を描く前にイラストなどで練習することをお勧めします。


5.ゴムかけ

聞いたまんまの作業です。
ペンでなぞったら不要なシャープペン、鉛筆の線を消しましょう。


6.ベタ塗り

ベタとは黒で塗りつぶした所を言います。


7.トーン貼り・修正

トーンとは透明なシートの上にドット、アミ、罫線、点描、柄、グラデーションなどが印刷されいるもののことです。コレを使わなくても漫画は描けますが、見栄えはあまり良くないでしょう。現代の漫画でトーンを使っていない漫画家は居ないに等しいです。

修正は修正液などを使います。
失敗した、ハイライトなどで使用します。


8.仕上げ

トレーシングペーパーで台詞を書いたりします。
最後に誤字などがないか再確認しましょう。

これで漫画の完成です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。