漫画の描き方:萌え?人物

漫画の描き方:萌え?人物

<ステップ8:ホワイト修正>
ポスターカラーホワイト等を少し水に溶いて使ったりします。

細かい部分は面相筆につけたホワイトをGペン等に塗って描いていきます。

コマからはみ出した線や人物にかかった線や、擬音の周りをホワイトでぬいたりします。

擬音の周囲を白く抜く理由は、そうする事で絵から擬音が分けて見られるので読み易くなるからです。

簡単なので時々修正液(修正ペン)でやったりする人が居ますが、それは邪道とされています。


<ステップ9:トーン処理>

トーン処理です。

疲れたので説明をはぶきます(マテ


基本的な製作の流れはこうですが、トーン処理した後に

ホワイトで抜いたりとかしたりするので原稿によって進め方が違います。


どうでしたか?貴方も一つやってみませんか?
漫画を描くのは楽しいですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。