漫画の描き方:線、背景、顔

漫画の描き方:線、背景、顔

<ステップ5:集中線・効果線を描く>

集中線や効果線は現代の漫画には無くてはならない物です。

これがあるだけでスピード感や演出が色々出せたりします。

集中点を決めたりして丸ペンで線一本一本を集中して根気良く書いていきましょう。

ついでに擬音もマジックやミリペンで描いておきました。

それとスカートの柄も書き忘れてたので追記。


<ステップ6:ベタ塗り>

墨汁やインク等で面相筆等を使って塗っていきます。

マジック等で塗るのは簡単ですが邪道だと言われています。

私は開明墨汁で塗っております。


<ステップ7:ケシゴムかけ>
下書きのときに書いた鉛筆やシャーペンの跡が残らないように綺麗に消していきます。

MONO消しゴムがオススメです。

紙がしわになら無いように気をつけて一方向に向かって消していきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。