ギャグがある

第四条.ギャグが少し盛り込まれている(ギャグ漫画以外)
昔の漫画には必要なかったかもしれませんが、最近は重要度が高いです。
ギャグが織り込まれていない漫画は読んでいて疲れるといって敬遠されます。
シリアスな雰囲気を作品の特徴として確立できている場合を除いては、ある程度ギャグを挟みましょう。

少年サンデーで連載されている“切法師”などは非常にバランスよくギャグを使っていると思います。
テンポ良くギャグが出来たら勝ちは決定です。
“ドラゴンボール”でドラゴンに「ギャルのパンティーおくれ」と言ってしまうのは、もはや伝説のギャグです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。