特徴を持たせる

第三条.記憶に残る他の漫画に無い特徴がある(絵柄を含む)
 “カイジ”で有名な福本先生などは、決して上手いという絵ではないですが人気の漫画家です。
絵柄を独自の特徴として確立しています。
最近の少年漫画誌などに載る読み切り漫画などは特徴の無い、ある程度上手い絵ばかりでがっかりします。
あれでは、読者の記憶に残すことはできません。
 絵以外でも記憶に残る演出をすることはできます。ここが面白いと言えるポイントを一つ持つことが重要です。

“ジョジョの奇妙な冒険”だと妙な効果音。ゴゴゴゴとかキスシーンで“ズキューン”という効果音は並の神経では使えません。
“ハンター×ハンター”なら戦いの際の理論でしょうか。
非常に「かっこいいロジック」が作品の特徴として生きています。
児童漫画なら“ドラえもん”の秘密道具。
秘密という言葉自体が反則的に好奇心をくすぐります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。