ヒロインの描き方

ヒロインの描き方
男性はヒロインに自分の理想像をそのまま当てはめるのはやめましょう。
自分のでなくとも理想像はむやみに当てはめないほうが無難です。
ヒロインには「なにを“恥”とするか?」という観点で特徴付けをすると女性らしさを出すことができます。
“恥”ほど、そのキャラの知性、品性といったものを、如実に表すものはありませんからね。
そして、“弱点”は必ず付けましょう。“恥”と関連付けてもいいです。
その弱点を読者にさらけ出したとき、ズキューンとさせれば勝ちです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。