脇役の描き方

脇役の描き方、作り方
脇役はバランスを考えて、主人公にない性格や、主人公と反対の性格のキャラを作りましょう。
主人公とキャラがかぶるのはだめです。
主人公がハイテンション型ならローテンション型にするのが定番です。
主人公と同じ型にしても女性キャラにすればうまくいくケースは多いです。

でもすべて主人公と違う性格でなくてよいのです。
特別な例ですが、主人公と同じような性格に設定しておいて、一緒に目標に向かったり、
悩んだり、主人公と感情を共有できるような(ライバルとか)キャラを作ってもいいのです。
その場合は、長所や欠点を主人公とは正反対にして助け合うようにストリーを作りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。