キャラの種類

漫画に登場するキャラクターを分類するとだいたい三つの種類に分かれます。
ハイテンション型、ニュートラル型、ローテンション型です。

ハイテンション型:
決めた目標や課題に向かってとにかくがむしゃらに頑張るキャラのことです。
ハイテンション型のキャラクターが多い漫画を描くと、ノリのよい爽快感抜群の漫画になります。
“ワンピース”や“ドラゴンボール”など大ヒットする少年漫画に多いのが特徴です。
全員がハイテンション型とまではいかなくとも一人は登場させるとストーリーに勢いがつきます。

ローテンション型:
悩みやトラウマがあって、うじうじしているキャラのことです。
 じっくりと読ませ、内容を考えさせるようなメッセージ性の強い漫画を描きたいときには主人公をローテンション型にすると効果的なことが多いです。
極端なくらいにナイーブにしたり、やりすぎなくらい小心者にしてみましょう。

ニュートラル型:
ハイテンション型、ローテンション型の両方に属さないキャラクターのことです。
特徴を出しにくいので漫画にとってはなかなか扱いづらいキャラです。
脇役として上手く利用できればストーリーの進行を助けてくれます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。